京都で会社設立をした場合は、設立者と関係ある人達に対して報告する目的と、
設立後も良好な関係を維持・構築する目的を兼ねて「挨拶状」を出すのが一般的です。

挨拶状

挨拶状に記載すべき内容は、会社設立までの経緯によって異なります。

以前勤めていた会社から独立する形で京都に会社をつくったケースや
既存の企業が合併・分割してできたケース、個人事業主として京都で活動してきたが
法人として再出発することになったケースなど、会社設立の経緯は様々であり、
挨拶状の内容もそれに沿ったものにすることが求められます。

しかし、どんな内容のあいさつ状であっても、必ず忘れずに入れなければならない記載内容があります。

それは、設立した会社の内容です。あいさつ状の最後には、設立した会社の名称、
会社設立日、事業内容、代表者氏名、本社の所在地、連絡先となる電話番号とメールアドレスを記載しましょう。

記載するスペースに余りがあるのであれば、代表者以外の役員の氏名や、
資本金の額、営業開始日なども載せると良いです。 あいさつ状を出す際には
内容だけではなく、送り先をどうするかも大きな悩みです。

悩む

あいさつ状の送り先は、京都で会社設立する前にお世話になった人と、
設立後も取引を続けていきたい人を中心にすると良いです。

例えば、独立して起業した場合や個人事業を法人化させた場合は前職でお世話になった人達、
合併や分割によって設立した場合はその前にお互いの会社と取引していた人達が
送り先において中心になるでしょう。

 

 

 

条例   メリット   節税目的   商号   資金準備   福利厚生

不況を生き抜く起業独立(会社設立)の方法

c by こんな時代だからこそ会社設立(起業独立)してやる