京都の会社設立で考えておきたい福利厚生

 会社設立すると多くの従業員を雇わなければなりませんが、その従業員が気にする点の一つが福利厚生です。
そもそも福利厚生とはどのようなものかというと、これは会社で働く従業員とその家族の健康増進や
生活の質の向上、労働に対するモチベーションの維持・向上などを目的として、給料やボーナスとは
全く別に支給される報酬のことを指します。

支給制度

実施される施策の内容は、法律で義務となっている労働保険や医療保険、年金保険などの加入程度で
とどめているところもあれば、ある京都に本社がある大手企業のように住宅補助や子育て補助などの
手当を独自に出しているところもあり、京都府内の企業の間でもかなりの差があります。

福利厚生は従業員のための制度ですが、就職活動中の学生や転職活動を行っている
労働者にとっても、会社選びにおいて重視される点の一つです。

実際にこの制度を運用していくためには多額の費用が必要ですが、従業員に長く勤めてもらうためにも
会社設立の準備をする段階から考えておく必要があるでしょう。

会社に必要

 

条例   メリット   節税目的   商号   資金準備   福利厚生



○起業独立

○ウェブビジネスを起業する

○ビジネスは儲かるのか

○コストだけにこだわらない

○ウェブビジネスに向く人向かない人

○まとめ

○設立時の挨拶状

○申請できる助成金

○サイトマップ










BACK